月額980円(税抜)で授業が受け放題!元塾講師が考えるスタディサプリの勉強に向いている人とは?

今話題の「スタディサプリ」

 

小学講座なら小4~小6まで、

中学講座なら中1~中3までの授業が

Web上で月額980円(税抜)で全て受講し放題となっています。

公式サイトは→スタディサプリ



 

そんなスタディサプリのメリットデメリットをもとに、

スタディサプリでの勉強に向いているのはどんな人に向いているかを

元塾講師としての視点でまとめていこうと思います!

 

スタディサプリのメリット

質の高い授業!

塾だと先生の当たりはずれや、

先生の体調などによって授業のクオリティが左右されますが、

スタディサプリだと常に質の高い授業を受けることができます。

 

通塾しなくていい!

塾に行くための送り迎えが不要ですし、夜中の帰宅にもならないので安心です。

家の近くに良い塾が無い人にもおススメです。

 

スケジュールにしばられない!

部活による遅刻や、体調不良による欠席で授業料が無駄になるということがありません。

 

必要なときに、必要な授業を受けられる!

中3生が、中1内容を復習したいときにもすぐに必要な授業が受けられます。

また、塾のように学校の進度とズレてしまうということもありません。

 

とにかく安い!

塾の授業料が高いのは、人件費(先生たちの給料のためのお金)が高いから。

スタディサプリは一流講師の授業を大勢の生徒にネット配信できるので、

その分安くていい授業を提供することが出来ます。

 

スタディサプリのデメリット

集中が続きにくい

塾のように目の前に先生がいると緊張感を持って勉強でき、

集中していなかったら指導してもらうことができますが、

スタディサプリではそれができず、集中がつづきにくい生徒もいるようです。

 

継続しにくい

「いつでも受講できる」というメリットが、

「いつでも受けられるから明日にしよう」という気持ちにつながり、

ズルズルと全く授業を受けなくなってしまうようになる場合があるでしょう。

 

質問ができない

塾や家庭教師などのように、すぐに質問をすることができないため、

疑問点を学校の先生に聞くまで解決することができません。

 

スタディサプリに向いている人

スタディサプリのメリット・デメリットをまとめました。

元塾講師の立場から個人的な意見を言うと、

これだけクオリティの高い授業をこんなに安い授業料で受けられるのなら

スタディサプリに街の塾は勝てないのでは、と思ってしまいますが、

継続しにくいなどのデメリットがあるため、

向いている人と向いていない人に大きく分かれるも事実のようです。

 

 

では、スタディサプリに向いている人はどんな人でしょうか?

 

やる気があって、自分から進んで勉強できる生徒

「集中しにくい」・「継続しにくい」というデメリットがありましたが、

やる気があって自主的に勉強できる生徒ならば心配する必要がないでしょう。

 

自分の苦手内容を理解している生徒

スタディサプリの強みは、いろんな学年の授業を受けられることです。

前学年の苦手内容を復習することが可能なので、

自分が何が苦手なのかを理解する力がある生徒は、上手に使いこなすことができます。

塾に通いながら復習はスタディサプリで行う、という使い方も月額980円(税抜)なら可能でしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

スタディサプリはとても良い教材だと思いますが、

どうしても向き不向きがあるようです。

スタディサプリ向いているかどうかを

実際に体験してみて判断するのもいいかもしれません。

 

14日間無料で使えるそうなので、

体験してみるもの手でしょう。

スタディサプリ
↑体験・受講のお申込みはコチラ