元塾講師による勉強教育情報サイト

小中学生や親・先生のために勉強や教育についての情報を発信しています!

【高校入試】夏休みにおすすめの数学の問題集を元塾講師が3つ厳選!

更新日:

中3の皆さんにとって、

夏休みというものは、

高校入試の勉強が本格的にスタートする時期であり、

とても大事な時期です。

 

そこで、今回は、

夏休みから高校入試の勉強を頑張ろうと考えている中3の皆さんに、

この時期におすすめの数学の問題集を紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

「中学校3年間の数学が1冊でしっかりわかる本」(かんき出版)

難易度:やさしい

対象:数学が苦手な人

 

最初にご紹介するのは、

かんき出版「中学校3年間の数学が1冊でしっかりわかる本(小杉拓也著)」

です!

 

とにかく、わかりやすい!

問題集や参考書の中には、色々つめこみすぎて、

見にくかったりわかりにくかったりするものもありますが、

この問題集は数学の基礎として必要な知識を

シンプルにわかりやすくまとめいていて

数学が苦手だという人にピッタリです!

しかも、分量も多くないので、

夏休み期間に中3の1学期までの範囲の内容の基礎を

身につけることが出来るでしょう。

 

しかし、注意してほしいのが、

この問題集をやっただけでは、

高校入試で高得点は取れないということ・・・。

やはり、基礎の問題集なので、

夏休み以降には、もっと難しい問題を

勉強していく必要があると考えてください。

 

ちなみに、この問題集は、

大人が中学数学を勉強しなおすことも

イメージして作られているようですね。

大人になっても、

就職するための入社試験で

数学の問題が出題されるので、

入社試験(SPIといいます)の対策として

この問題集を買う大人が多いようです。

 

 

 

 「これで完成!高校入試 合格BEST本」(新興出版社)

難易度:ふつう

対象:数学は苦手でも得意でもない人

 

つづけて紹介するのは

新興出版社「これで完成!高校入試 合格BEST本」

です!

 

この問題集は、

これまで習ってきた数学の基礎から

実際に入試で出題された問題まで

幅広く出題されていながら、

問題数はそこまで多くないので、

無理なく勉強を進めることができます。

 

やはり、本当のところは、

たくさんの問題が入っている分厚い問題集を勉強した方が、

力になるに決まっていますが、

途中で心が折れてしまって、

やらなくなってしまっては意味がありません。

よくあるのが、

問題集は買ったものの、

中1の「正負の数」が終わったあたりで

力尽きた・・・、

という話です。

 

そうならないためにも、

これくらいシンプルにまとめられている問題集くらいが

ちょうどいいと思います。

 

 

 

「高校入試 合格でる順 数学」(旺文社)

難易度:やや難

対象:数学が得意な人

 

最後にご紹介するのは

「高校入試 合格でる順 数学」(旺文社)

です!

 

タイトルのとおり、

高校入試に出やすい問題がたくさん載っており、

効率良く高校入試の勉強を進めることが出来ます。

夏休みという、長いようで短い期間に

勉強するには最適です。

 

レベルも今回ご紹介する3つの中で一番高いため、

数学が得意な人でないと、

自分で勉強する際には難しいのではないかと思います。

家庭教師など、個別に教えてくれる人がいるのならば、

数学が苦手な人でも使いこなすことが出来るでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

高校入試に向けて、中3夏休みに活用できる

おすすめの問題集を3つご紹介しました。

 

夏休みは、中1中2の復習と、

高校入試特有の解き方を勉強していかなければなりません。

長いようで、あっという間に終わってしまいますので、

無駄にしないよう、頑張るようにしてくださいね!

【高校入試】中3夏休みにやるべき数学の勉強とは?元塾講師が解説!

スポンサーリンク

-おすすめ問題集(中学)

Copyright© 元塾講師による勉強教育情報サイト , 2017 All Rights Reserved.