元塾講師による勉強教育情報サイト

小中学生や親・先生のために勉強や教育についての情報を発信しています!

【中学】数学が苦手な人向けおすすめ参考書・問題集を元塾講師が3選! 

更新日:

数学の苦手を克服したいけど、

どうやればいいかわからない・・・、

という人は多いと思います。

 

そこで、今回は、

数学が苦手な人に

おすすめの

わかりやすい参考書・問題集を

3つ紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

とってもやさしい数学(旺文社)

最初にご紹介するのは、

旺文社の「とってもやさしい数学」です!

 

イメージするならば、

小学校で使っていた「ドリル」のような

とっつきやすさです。

 

レイアウトがすっきりしていて見やすく、

最低限の知識にしぼって載っているので、

数学が苦手な人でも、数学の基礎を身に付けることができます。

 

穴埋め問題からスタートしているので、

無理なく勉強をすすめることができます。

数学が苦手な人には、

ぜひ手に取ってもらいたい問題集です。

 

 

中○数学をひとつひとつわかりやすく(学研教育出版)

続けてご紹介するのが、

学研教育出版の「中○数学をひとつひとつわかりやすく」(永見利幸著)です!

(○には学年が入ります)

 

この問題集も、

先ほどの「とってもやさしい」と同様、

「ドリル」のようなとっつきやすさで、

わかりやすく解説されています。

 

数学が苦手な人でも、

この問題集なら少しずつ進められると思います。

 

また、この問題集のいいところは、

「解説動画」を無料で視ることができること!

Youtubeに

この問題集を使用して

講師が授業行っている動画があります!

 

このような動画付きの問題集は、

他にもいくつかあるのですが、

この問題集が一番わかりやすい動画だと思います。

 

問題集を一人で解いていると、

わからない問題が出てくるものです。

そのようなときに、動画を使って勉強すると、

苦手を克服していくことが出来ますよ。

 

 

語りかける中学数学(ベレ出版)

最後にご紹介するのは

ベレ出版の「語りかける中学数学」(高橋一雄著)です!

 

タイトルのとおり、

この参考書を読んでいると、

語りかけられている気分になります。

わかりやすい先生の授業が

そのままテキストになったようなもの

というイメージでしょうか。

とにかくわかりやすいです。

 

中学3年間のすべての単元が入っており、

「語りかける」文章はどうしても長くなってしまうため、

非常に分厚い参考書なので、

パッと見ではとっつきにくそうですが、

わかりやすくテンポよく読めるので、

案外スイスイ読むことができ、

気がつけばたくさんのページ数を読んでいた、

ということもあります。

 

非常におすすめの参考書です。


 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、数学が苦手な人向けの問題集・参考書を

ご紹介しました。

 

ぜひ手に取ってみて

勉強に活用してくださいね。

中学理科おすすめ参考書・問題集を元塾講師が3つ厳選!(理科が苦手な人向け)

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

-おすすめ問題集(中学)

Copyright© 元塾講師による勉強教育情報サイト , 2017 AllRights Reserved.