時事問題

本庶佑「PD-1」についてわかりやすく解説!2018年ノーベル医学・生理学賞を小中学生にもわかるように元塾講師が解説!

投稿日:

2018年ノーベル医学・生理学賞

京都大学の本庶佑名誉教授らが、「PD-1の発見」にて受賞しました。

そこで、「PD-1」について、小中学生にもわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

PD-1とは?

細菌やウィルスなどをやっつける「免疫」

 

この免疫の仲間である「T細胞」は、がんの細胞も壊そうとします。

 

しかし、がん細胞は、T細胞に壊されないような工夫をします。

それが、T細胞が持っている「PD-1」にはたらきかけること。

 

「PD-1」は、「自分の仲間」かどうかを調べるための手のようなものだと考えてください。

T細胞が持つPD-1のおかげて、自分の仲間かどうかを調べることができるため、みなさんの体の中のいろんな細胞たちは「仲間」と分かって、T細胞に壊されることはありません。

しかし、がん細胞は、もともと自分の体の細胞がおかしくなったものなので、仲間のようなもの。

 

そのため、がん細胞はT細胞の「PD-1」と手をむすんで、

「仲間だから、やっつけないで」と言って助けてもらおうとします。

 

そうさせないために、がん治療薬「オプジーボ」が開発されました。。

オプジーボは、がん細胞より先にPD-1と手をむすんでしまい、がん細胞が手をむすべないようにしてしまいます。

 

そうすることで、T細胞はがん細胞を壊すことがでる。

 

こうやってがんを治していくのです。

 

-時事問題

Copyright© 元塾講師による勉強教育情報サイト , 2019 All Rights Reserved.