【時事問題】2018年ノーベル賞まとめ 中学校の定期テストや高校入試・中学入試によく出る!元塾講師がまとめます。

 

2018年ノーベル賞が発表されました!

ノーベル賞は、中学校・高校の中間テスト・期末テストや高校入試・中学入試などによく出題されます!

しっかり覚えておきましょう!

最新・過去の時事問題は→時事問題一覧

 

ノーベル医学・生理学賞 本庶佑「PD-1の発見」

ノーベル医学・生理学賞は

京都大学の本庶佑(ほんじょ たすく)名誉教授らによる

PD-1の発見」が受賞しました。

 

これにより、がん治療薬「オプジーボ」が開発されるなど、医学に大きく貢献しました。

 

「PD-1」について、詳しくはコチラでわかりやすく解説しています。

 

ノーベル物理学賞 「レーザーを用いた手法の研究」

ノーベル物理学賞は、

アメリカのアーサー・アシュキン氏
フランスのジェラール・ムル氏
カナダののドナ・ストリックランド氏

の3名が、レーザーを用いた手法の研究にて受賞しました。

レーザーで細胞やウィルスなど非常に小さい物体を動かす、「光ピンセット」の手法などの研究です。

 

時事問題としては、ノーベル医学・生理学賞の本庶佑氏のニュースに押されて、日本ではあまり多く取り上げられていないため、出題される可能性は低いと思われます。

 

ノーベル化学賞 「たんぱく質改良手法」

ノーベル化学賞は、

アメリカのフランシス・アーノルド氏
アメリカのジョージ・スミス
イギリスのグレゴリー・ウィンター氏

の3名が、タンパク質の改良手法にて受賞しました。

正式には、

「酵素の指向性進化法」
「ペプチドと抗体のファージディスプレイ法」

という受賞理由になっています。

 

ノーベル平和賞

ノーベル平和賞は

コンゴ民主共和国のデニ・ムクウェゲ氏
イラクのナディア・ムラド・バセ・タハ氏

の2名が、「性暴力撲滅に向けた活動」にて受賞しました。

 

 

ノーベル経済学賞

ノーベル経済学賞は

アメリカのウィリアム・ノードハウス氏
アメリカのポール・ローマー氏

の2名が、「気候変動と経済の関係分析」にて受賞しました。

 

 

まとめ

時事問題では、日本人が受賞したものが頻出です。

逆に、日本人以外の受賞のものは、ニュースで話題にならない限り、時事問題には出題されにくいです。

今回は、ノーベル医学・生理学賞本庶佑氏の出題が中心になるでしょう。