時事問題

時事問題(社会)2018年8月版 2学期中間テストに出そうな最新ニュースを元塾講師が厳選!

投稿日:

 

2018年8月16日時点で、今後2学期の社会の中間テストなどに出題されそうな最新ニュースを、

元塾講師が厳選していきます!

最新・過去の時事問題はコチラ

 

スポンサーリンク

 

参議院の定数を6増

2018年7月17日、

参議院の定数を6増する法律が可決されました。

 

これまでは、参議院の議席は242でしたが、

2019年には、+3となり245

2022年には、さらに+3の248となります。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、このニュースが時事問題として出題される可能性が高いかというと、

参議院の議席数は、公民の教科書の載っているからです。

(特に公民を習う中3の皆さんは、出題可能性が非常に高いです)

今後、教科書が書き換えられる重要なニュースです。しっかり覚えておきましょう。

 

ちなみに、なぜ2019年に3増えて、2022年に3増えるかわかりますか?

 

参議院は3年ごとに半数ずつ選挙を行う、って習いましたよね。

実は、2019年の半数の選挙の時に3増やし、

その3年後の2022年の選挙でさらに3増やすからなのです。

 

そのことを理解しておくと、選挙制度のしくみをより理解できると思います。

スポンサーリンク

 

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に

2018年6月30日、

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

世界文化遺産に登録されることが決定しました。

 

江戸時代、キリスト教は禁止されていましたが、

幕府に見つからないようにキリスト教を信じつづけていた人々がいました。

 

なお、「天草」といえば、キリスト教徒を中心とした1637年の「島原・天草一揆」も歴史で習いますよね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

2018年8月16日時点での

時事問題に出題されそうなニュースをまとめました。

最新・過去の時事問題はコチラ

スポンサーリンク

-時事問題

Copyright© 元塾講師による勉強教育情報サイト , 2019 All Rights Reserved.