わかりやすい歴史

版籍奉還と廃藩置県の違いとは?簡単にわかりやすく元塾講師が解説!なぜ大名(藩主)を知藩事にしたのに、県令を派遣した?

投稿日:

 

「版籍奉還」「廃藩置県」

似たような内容なのでややこしいですよね。

 

そこで、今回は、

「版籍奉還」「廃藩置県」のちがいについて、

元塾講師が簡単にわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

この時代についてかんたんに理解しておこう!

版籍奉還と廃藩置県のちがいを説明する前に、

この時代について理解しておきましょう。

 

版籍奉還(1869年)と廃藩置県(1871年)が行われたのは、

明治維新(1868年)のすぐ後のことです。

 

江戸時代では、

江戸幕府が日本全国を直接治めていたのでありません。

 

各地に藩主(大名)をトップとした「藩」がおかれ、それぞれが独自に政治を行っていました

(藩主がそこに住む領民や領地を支配していました)

 

藩主たちは江戸幕府に監視されていましたが、

ある程度自分たちのやりたいようにできたのです。

 

しかし、明治時代が始まったころには、

日本が外国に侵略されるかもしれないと、危機感が高まっていました。

 

そのため明治政府は

「日本をひとつにまとめて、強い国をつくろう!」

と考えたわけです。

 

これまで地方でバラバラだったのを、

明治政府が強いリーダーとなって日本をまとめようとしたのです。

 

このように、中央が強い権力をもつ政治のしくみを「中央集権」といいます。

 

版籍奉還は、藩主がそのまま知藩事に

ここから「版籍奉還」の説明です。

 

天皇を中心とした中央集権の国を目指した明治政府は、

これまで藩主が支配していた領地や領民を、

「天皇がすべてを治める」という形にしようと考えました。

 

そこで明治政府は、

「藩主に領地と領民を天皇に返上させた」のです。

これを「版籍奉還」といいます。

 

「版」は土地、「籍」は人民のことです)

 

そして、藩主をそのまま「知藩事」として地方の支配させることにしました。

 

しかし、

「藩主」が「知藩事」と名前が変わっただけで、

実際の支配体制が大きく変わったわけではなく、

明治政府がねらったような中央集権のしくみをつくることはできませんでした。

 

廃藩置県は、明治政府から地方トップを派遣

ここからが「廃藩置県」の解説。

 

「版籍奉還」では中央集権が不十分でした。

そのため明治政府は、

自分たちの言うことを聞く人物を、

地方のトップに置こうと考えました。

 

そこで今度は、

藩を廃止して県・府とし、

地方を治めるのを中央から派遣する県令・府知事に任せました。

(県令はのちに「知事」と呼ばれるようになります)

 

これにより、

明治政府が全国を直接支配するしくみが完成し、

日本を中央集権国家にすることができました。

 

まとめ

「版籍奉還」
・1869年、藩主に領地と領民を天皇に返上させた。
・藩主をそのまま「知藩事」として地方を支配させた。
・しかし、中央集権は不十分だった。

【廃藩置県】
・1871年、藩を廃止して「府・県」とし、県令・府知事に治めさせた。
・県令・府知事は中央から派遣した。
・廃藩置県により、全国を政府の直接支配する中央集権国家が実現した。

 

-わかりやすい歴史

Copyright© 元塾講師による勉強教育情報サイト , 2019 All Rights Reserved.