元塾講師による勉強教育情報サイト

小中学生や親・先生のために勉強や教育についての情報を発信しています!

時事問題 理科 2017年9月最新版 中間・期末テストや中学入試・高校入試に出そうなもの

更新日:

「時事問題」といえば、

社会というイメージが強いかもしれません。

しかし、理科でも時事問題は出題されます。

そこで、今回は、

2017年9月での

最新時事問題について

解説していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

太陽フレア

2017年9月6日に、

最大級の太陽フレアが発生し、

磁気嵐が発生して通信障害などが心配された。

 

太陽フレアとは、

太陽表面での爆発現象のこと。

太陽フレア自体はよく発生しているのですが、

今回のような大規模な太陽フレアは、

約11年ぶりです。

 

このような太陽フレアが発生すると、

地球の磁場が乱れ、磁気嵐という現象が起きます。

地球は、いわば大きな磁石のようなもので、

北極がS極、南極がN極となっています。

中学2年生の理科の授業では磁石を習いますが、

磁力線というものが、棒磁石のまわりを線で結ぶように描かれていますね。

地球の周りにも、そのような磁力線があるものと考えてください。

太陽フレア起こると、小さな粒子やエネルギーが地球に飛んできて、

その磁力線をかき乱してしまうことで、

磁気嵐が発生します。

 

身の回りの通信機器などは、

磁力を利用しているものがありますので、

磁気嵐によって、通信障害が起こる心配がなされたのですね。

幸い、大きな被害が起きたようなニュースは見かけませんでした。

 

この太陽フレアの話。

理科の先生でも、仕組みをきちんと理解している人は

少ないと思います。

あまり深い内容までは聞かれないと思うので、

「太陽フレア」という言葉を覚えておけばいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

土星探査機「カッシーニ」任務終了

2017年9月15日

土星探査機「カッシーニ」が20年間の任務を終了しました。

 

カッシーニは、NASAによって1997年に打ち上げられ、

土星だけでなく、

土星の衛星であるタイタンやエンケラドゥスなどの

観測を行い、45枚もの写真を地球に送り続けました。

 

カッシーニは最後に、

土星の大気に突入して、

燃え尽きて任務を終了します。

少しかわいそうだと思ってしまいますが、

地球の戻ってくるための燃料は残っておらず、

そのままにしておいても、宇宙のゴミになってしまったり、

地球の細菌などが別の星に移ってしまうことをさけるために、

あえて燃え尽きされているのですね。

 

テストでは

「土星」「カッシーニ」というキーワードを

覚えておけばいいでしょう。

 

 

まとめ

今回は、2017年9月時点での

理科の時事問題に出そうなものを

まとめていきました。

 

今後もこのサイトでは時事問題についてまとめていきますので、

チェックして行ってくださいね。

他の時事問題解説はコチラ↓
時事問題2017 理科 中学校のテストや2018年高校入試・中学入試での出題を予想!(2017年6月現在)

理科時事問題2017年10月最新版 中間期末テストや高校受験・中学受験に出題されそうなもの

理科時事問題用 2017年ノーベル賞まとめ(理科・社会)カズオ・イシグロ氏など

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

-時事問題

Copyright© 元塾講師による勉強教育情報サイト , 2017 AllRights Reserved.